萬里は祈祷師(by.萬道研究会)
<< 【第三の人生】8の章 | main | イベント案内 >>
【第三の人生】9の章
0

    *登場人物*

    ・萬里→主婦でお役目持ち。死んだ人の対応に慣れた頃、やっぱり生きた人間の対応も必然的にくる。修行中です。

    ・ちいさん→萬里がお世話になっている治療院の先生の奥様。感は強いので萬里のあの世対応の練習台になってくれていた。

     

     

    ある日、

    誰だったか忘れたけど
    友達伝いで

    相談したい人がいると

    連絡があった

     

    『鬱を患っていた

    彼氏が自殺した』
    という内容

     

    突然にしては

    かなり重たい内容だわ

     

    どこの誰かも分からない人に

    電話番号を教えるのは

    抵抗があるし

    小さい子供もいるから

    いきなり

    直接会う約束して

    時間割くのもどうかなと思った

     

    なにせまだ

    生きた人間の相手は

    慣れていない

     

    メールアドレスを

    伝えてもらって

    メールでのやり取りで

    相談を聞くことにした

     

    その相談者(女性)は

    自分が最後に放った言葉が
    彼の自殺の原因ではないか
    と自分を責めている

     

    そうなるとまず
    「あなたのせいじゃないですよ。」
    と普通はなだめる

     

    萬里「彼は病気だったのだから
    誰かの責任なんてことはない、
    現実自殺だと人は思うけど
    病気で亡くなったんですよ
    ちゃんと行くべきところへ

    行けるようしてあげて下さい。


    自責の念で

    いつまでも後悔していると
    引きとめてしまうから
    彼のためになりませんよ。」

     

    相談者「でも、

    彼がまだ家に居て
    一緒に生活している

    気がするんです。」

     

    確かにメールの向こうに

    霊の存在は感じる


    でも、

    それが彼氏なのかは

    わからないし
    この相談者自身に
    何か憑いている

    のかもしれない

     

    よし、まずは確認だ
    萬里「きちんと様子を

    把握したいので
    よかったらあなたの写真を
    送ってくれませんか?」

     

    写真を見れば

    何か分かるかもしれない

     

    そして、

    送られてきた写真は
    上から角度の自撮り
    かなり

    キメ顔の気合の一枚・・・。

     

    悩んでる人がこんな写真
    撮るもんなんだろうか?!

    その心境が理解できず
    不思議に思いつつも
    その写真を

    集中して見てみる

     

    ((((;゚Д゚)))))))

     

    『うわぁっ!!

    相談者の後ろに

    3体も写りこんでる!!』


    ちょいと怖くなった

     

    ((((;゚Д゚)))))))


    同じマンションに住む

    サクヤさんの奥さん

    ちいさんに電話して

    在宅確認後ダッシュで訪問

     

    写真を見せた

    萬里「ちょっとコレ見て!!
    この女の人の後ろに

    3体も写ってる!!」

     

    ちいさん「え?

    何も見えないけど?どこ?」

     

    萬里「この女の人の

    周りにおるやん!
    ほら!ココとココ!」

     

    ちいさん「いやぁ、

    私には見えない・・・。」

     

    萬里「え〜?!なんで!

    もっとよく見て!

    こんなハッキリ

    写ってるやん!

    これが心霊写真って

    やつなん?!

    心霊写真生で見たの

    初めてなんだけど?!」

     

    ちいさん「いや、

    この女の人

    一人しか見えないって。」

     

    これって

    萬里にしか見えてない?

     

    この時、

    これが本当の

    心霊写真の仕組みだ

    という事に気付いた


    テレビや雑誌で

    よく特集などがあるけど
    実は本物はほとんどない

     

    今の時代

    素人でも画像の加工はできるし

    映像もいくらでも編集できる


    誰にでも見える写真は

    本当に稀で
    視える人にしか

    見えないのが本物の

    心霊写真だと思う

     

    あ、でも

    萬道研究会で

    やってた講座では

    萬里が入手した心霊写真を

    受講者の方に

    お見せしたんですけどね

     

    それは稀に見る

    誰が見ても見える

    心霊写真だったのですよ

    (°▽°)

     

    相談者が送ってきた写真

    相談者女性の後ろに

     

    中心人物の男性
    その両脇に

    年老いた女性と
    10代らしき男の子


    この人達が

    誰なのかは分からない


    写真を通して

    中心人物の男性が
    家の中をウロウロと

    歩き回っている姿が

    頭の中に浮かぶ

     

    『なんか普通に

    生活しているように

    視えるけどな・・・。』

     

    もしかしたら

    この男性が
    相談者の亡くなった

    彼氏なのかもしれない?!


    本当にまだ

    一緒に生活してるんだ・・・。

     

    これは決して

    良いことではない


    天に帰らないという事は
    転生ができないということ


    このまま

    現世に居続けることは
    俗にいう

    『浮遊霊』や『地縛霊』

    と呼ばれる者に

    なってしまうということだ

    | 萬里は祈祷師 | 00:37 | comments(2) | - | pookmark |
    コメント
    心霊写真って見える形のはほぼ違うんだね。
    これは初耳☆
    | ぅおとみ | 2018/10/16 7:23 PM |
    ぅおとみさん:これまで見た心霊写真の例では、
    写り込みよりも体の一部が消えてる写真の方が多かったかな
    (=´∀`)
    | 萬里 | 2018/10/18 7:48 AM |
    コメントする









    CALENDAR

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    スマホ版表示に切替

    あしあと

    アクセスカウンター

    電子書籍化しました!

    ココナラ/萬里サービス出品してます

    https://coconala.com/invite/q99srb *このアドレスから登録、招待コードを入力すると300ポイントもらえます。 【招待コード:q99srb】

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    PROFILE

    SEARCH